兵庫県明石市 朝霧インプラントセンター|インプラント・審美歯科・ホワイトニング

サイナスリフトケース治療実績

サイナスリフト case No.1

60代 男性
来院時の言葉 
『他院で骨がなくて、 インプラントは無理といわれた!』

側面比較

サイナスリフトケース1の側面比較の写真

術中写真

サイナスリフトケース1の術中写真

レントゲン比較

サイナスリフトケース1のレントゲン比較の写真

●治療内容

60代 男性

・主訴

他院で骨がなくて、インプラントは無理といわれた!

・使用技術

サイナスリフト

・治療期間

3ヶ月

●治療上のリスク

治療期間中は腫れや痛みを伴う 場合があります。

インプラントの成功率 (インプラントと骨が結合する確率) は98%です。

世界的にみても、この数字から 大幅に変動することはありません。
しかし、2%の非成功例でも、 リカバリーは可能です。

(厚生省の指導により、 インプラント治療のリスクを 明示することになりました)

●院長コメント

我々東洋人は、欧米人と比べて、骨量が乏しい民族です。
更に、上顎は骨質が悪く
インプラント治療は困難な場合がほとんどです。

サイナスリフトは、それを解決する最強のソリューションです。
にもかかわらず、経験と技術を要する
手技であるのは、否定できません。
当医院では年間80症例の、サイナスリフトを行っております。

サイナスリフト case No.2

50代 男性
来院時の言葉
『インプラントにしたい。でも、骨が無いので、上顎は
インプラント無理と
他院で言われた!』

側面比較

サイナスリフトケース2の側面比較の写真

術中写真

サイナスリフトケース2の術中写真

レントゲン比較

サイナスリフトケース2のレントゲン比較の写真

●治療内容

50代 男性

・主訴

インプラントにしたい。でも、骨が無いので、上顎はインプラント無理と他院で言われた!

・使用技術

上顎 両側サイナスリフト

・治療期間

3.5ヶ月

●治療上のリスク

治療期間中は腫れや痛みを伴う 場合があります。

インプラントの成功率 (インプラントと骨が結合する確率) は98%です。

世界的にみても、この数字から 大幅に変動することはありません。
しかし、2%の非成功例でも、 リカバリーは可能です。

(厚生省の指導により、 インプラント治療のリスクを 明示することになりました)

●院長コメント

この方は、上顎8本、下顎4本、かつ同時に上顎両側サイナスリフトを、1日でオペをしました。

手術は、確かに患者さんにとって、楽しいものではないと思います。

だからこそ心がけるのは、迅速、的確に、オペの回数を少なく、治療期間を短くシンプルに・・・です。

世間的には、数本ずつインプラントを分けて埋入。
サイナスリフトも片顎づつ2回法
(まず骨移植を終えた後、数か月後にインプラント埋入)
という方法が選択されるでしょう。

シンプルに、迅速にワンオペレーション!これが私のスタイルです。

サイナスリフト case No.3

50代 男性
来院時の言葉
『前歯でしか噛めなかった。
その頼みの前歯がついに崩壊、頭を抱えてます!』

側面比較

サイナスリフトケース3の側面比較の写真

術中写真

サイナスリフトケース3の術中写真

レントゲン比較

サイナスリフトケース3のレントゲン比較の写真

●治療内容

50代 男性

・主訴

前歯でしか噛めなかった。その頼みの前歯がついに崩壊、頭を抱えてます!

・使用技術

サイナスリフト

・治療期間

3.5ヶ月

●治療上のリスク

治療期間中は腫れや痛みを伴う 場合があります。

インプラントの成功率 (インプラントと骨が結合する確率) は98%です。

世界的にみても、この数字から 大幅に変動することはありません。
しかし、2%の非成功例でも、 リカバリーは可能です。

(厚生省の指導により、 インプラント治療のリスクを 明示することになりました)

●院長コメント

インプラント治療にあたって、抜歯する歯は、まず抜歯してからが基本ですが、
このケースは、できるだけ使っている前歯は残して、現在の生活を維持することを心がけました。

インプラントが定着してから、長期保存不可能の歯を抜歯し、即日にインプラント支持の仮歯を装着しました。

ゴールまでを最短、快適にする努力もしています。

サイナスリフト case No.4

40代 男性
来院時の言葉
『脳梗塞の既往があり、血液サラサラの薬を飲んでいる。
しかも内科医は、服用中止はリスクがあると言われた。
でもインプラントをしたい!』

側面比較

サイナスリフトケース4の側面比較の写真

術中写真

サイナスリフトケース4の術中写真

レントゲン比較

サイナスリフトケース4のレントゲン比較の写真

●治療内容

40代 男性

・主訴

脳梗塞の既往があり、血液サラサラの薬を飲んでいる。しかも内科医は、服用中止はリスクがあると言われた。
でもインプラントをしたい!

・使用技術

両側サイナスリフト

・治療期間

3ヶ月

●治療上のリスク

治療期間中は腫れや痛みを伴う 場合があります。

インプラントの成功率 (インプラントと骨が結合する確率) は98%です。

世界的にみても、この数字から 大幅に変動することはありません。
しかし、2%の非成功例でも、 リカバリーは可能です。

(厚生省の指導により、 インプラント治療のリスクを 明示することになりました)

●院長コメント

脳梗塞の既往があられる患者さんで、
ワルファリン(血流をよくする薬剤、血が止まりにくい)の服用が必須だったため、
当院ではめずらしく4回に分けて、インプラントを埋入しました。

脳梗塞 等の既往のあられる方もあきらめないで下さい。
内科主治医と連携をもって、
なんとかできます。

お問い合わせ

神戸・明石でインプラント治療をお考えの方はお気軽にご相談下さい。

所在地

〒673-0866
兵庫県明石市朝霧町3丁目9-2

メールアドレス

info@asagiri-implant.com

TOPへ